ブログ

ブログ
Blog

  • ホーム
  • ブログ
  • 根管治療(歯の根っこの中の治療)が成功する秘訣 その2

根管治療(歯の根っこの中の治療)が成功する秘訣 その2

2020/02/13
コラム
こんにちは、おがわ歯科医院 院長の小川です。

本日は、根管治療の中でも難易度が高い「根管内の修復」のお話です。

前回のコラム、「根管治療(歯の根っこの中の治療)が成功する秘訣 その1」では、
歯を残すための処置である根管治療がいかに大切か、またその治療が歯科医師にとっていかに難しいものであるかをお話しさせていただきました。

根管治療を過去に受けた歯には、何らかの材料が根管内に充填されていますので、レントゲンを撮ると確認することができます。
その中には、根管の先端に黒く透過した膿(ウミ)の袋が写ってくることがあります。
これは、根管内が感染を起こしているために、感染源を取り除く治療が必要な状態です。

当院には、「他のかかりつけ歯科医院で治療をずっと根管治療を受けているが、症状がなかなか改善しない」
といった訴えでお越しになる患者様も多くいらっしゃします。
その方々の治療を担当させていただいていると、しばしば見かけるのが「ダメージを受けた根管内」です。

きっと、かかりつけ歯科医の先生も一生懸命に治療をされたのだと思います。
しかし、ダメージを受けた根管をそのままにしていては、いくら治療を重ねたところで症状が消えることはありません。
ここでいうダメージとは、何らかの原因で歯の一部が薄くなったり穴が空いてしまっている状態です。

当院では、このような根管内のダメージを、特殊な修復材料を使って修復しています。
もちろん完全な状態に戻ることはありませんが、大抵の場合、長く続いていた痛みや違和感などの症状は消えてしまいます。
残念ながら健康保険でカバーされていない治療法ですが、その価値は非常に高いと思います。
なぜなら、「抜くしかない」と言われた歯を「残す」ことができるようになるのですから。
抜歯をしてインプラントを勧められたという経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょうが、
ご自分の歯とインプラントと、どちらがいいですか?答えは聞くまでもありませんよね。

ただし、破折してしまった歯は、残念ながら抜く以外に根本的治療はありません。
この場合は、あまり長引かせず早めに抜歯されることをお薦めします。
感染源をいつまでも体内に留めておくことになりますから、体にとっても負担になります。

「根管治療(歯の根っこの中の治療)が成功する秘訣 その3」では、根管治療後の被せ物(クラウン)の選択についてお話させていただきますね。