ブリッジ治療をお考えの方へ

ブリッジ治療をお考えの方へ
Bridge treatment

  • ホーム
  • ブリッジ治療をお考えの方へ

ブリッジとは

ブリッジとは
ブリッジは、失った歯の両隣の歯を橋桁(はしげた)に見立て、人工の歯を橋のように装着して補う治療です。
健康な自分の歯に人工の歯を被せるので、見た目は自分の歯とほとんど変わりません。部分入れ歯と違い金属を使用していないので、審美性に優れているのが特徴です。

しっかりと固定されているので、部分入れ歯と違い違和感は少ないです。その一方で、かみ合わせの都合から支えとなる歯を削る必要があったり、ブリッジと歯肉との間に食べかすがつまりやすかったりとデメリットもあります。

こんな人にオススメです

  • 歯を数本失くしてしまった
  • 見た目をきれいにしたい
  • 自分の歯と変わらない感覚の義歯がいい
  • なるべく治療費を抑えたい

ブリッジのメリット・デメリット

メリット

  • 審美性に優れている
    取り外し式の部分入れ歯と違い、固定式の被せ物を使用するので、前歯の場合では見た目でブリッジだとはほとんどわかりません。特に保険適用外の素材であるセラミックは見た目が天然の歯に近く、経年による変色もせずに美しい状態を保てます。
  • しっかり噛むことができる
    部分入れ歯と違い、歯に固定するので、違和感が少なく噛むことができます。
  • 費用が抑えられる
    保険適用が可能なので、比較的安価で作ることができます。
    ただし、セラミック素材のものは保険適用外となりますので、プラスチック製のものと比べて費用は高くなります。

デメリット

  • 健康な歯を削る必要がある
    ブリッジは部分入れ歯のような金属ワイヤーではなく、人工の被せ物を自分の歯に被せて固定するので、両隣の歯を削らなければなりません。また、支えとなる歯が虫歯だった場合、まずは虫歯の治療が必要です。
  • 食べかすがつまりやすい
    人工歯と歯肉の間には一見わからなくても隙間が空いており、そこに食べかすがつまりやすくなっています。歯磨きをするときはブリッジと歯肉の隙間を意識的に磨き、口の中を清潔に保ちましょう。
  • 経年で変色してしまう
    保険適用の素材は主にプラスチックです。そのため年月が経つと黄色くなったり、色の濃いものを飲食したりすると変色します。一度変色してしまったものは戻らないので、最初の色にする場合は付け替え(再治療)が必要になります。
    保険適用外のセラミック素材は経年や飲食による着色で変色しません。審美性にこだわりたい方は、少し費用は高くなりますが、セラミックなどの素材を選ぶと良いでしょう。