部分入れ歯の製作をお考えの方へ

部分入れ歯の製作をお考えの方へ
Partial denture

  • ホーム
  • 部分入れ歯の製作をお考えの方へ

部分入れ歯とは

部分入れ歯とは
部分入れ歯は、部分的に歯を失った人のための治療法です。
部分入れ歯は人工の歯と歯ぐき、部分入れ歯を固定するための金属のワイヤーで構成されており、隣接する歯に金属のワイヤーを引っ掛けて固定します。

部分入れ歯(保険適応)はブリッジやインプラントより安価で作ることができますが、反面金属ワイヤーが見えてしまうので審美性には劣ります。一方、同じ部分入れ歯でも保険適応外の部分入れ歯の場合、使用する金具の種類や形態を工夫することにより、金属部分の見えにくいものを選ぶことができます。
また、金属ワイヤーなどを使用せず見た目で気づかれにくい部分入れ歯も登場しました。保険適用外ですが、歯ぐきと同じような色の樹脂で固定するので、審美性に優れており、若い方や女性など、見た目を気にする方も気兼ねなく装着することができます。

こんな人にオススメです

  • こんな人にオススメです
  • 失くした歯を補いたいが、手術はしたくない
  • 残っている歯に負担をかけたくない
  • 取り外し式のものでも気にならない

部分入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 残っている歯にやさしい
    ブリッジ治療の場合は、隣の歯を固定源にするため、固定源になる歯の負担は大きくなります。入れ歯の場合は直接歯に固定するのではないため、固定源の歯に過度な力がかからず、歯にやさしい治療法です。その分、支えとなっている歯を清潔に保ち、大切にする必要があります。
  • 簡単に着脱ができる
    取り外して手入れができるので、ブラシや洗浄液で汚れを落としやすく、入れ歯を清潔に保つことができます。取り外せるので、隣接している歯の歯磨きもしやすくなります。ブリッジやインプラント治療に比べて、メンテナンス性が最もよいと言えます。
  • 費用が比較的安価
    保険適応の部分入れ歯は保険が適用されるので、インプラントに比べて安価で製作が可能です。 審美性や機能性にこだわる場合は、保険適用外の部分入れ歯になるので、費用は高くなります。

デメリット

  • 審美性に欠ける
    保険適用の部分入れ歯は金属ワイヤーが表に見えてしまうので、審美性を求める方には不向きです。費用は少し高くなりますが、保険適用外のものならば歯肉と同じような色の樹脂を使い固定することができるので、審美性にも優れています。
  • 手入れの必要がある
    人工歯や禁則ワイヤー部分に食べかすや汚れが付着するので、毎食後に外して掃除する必要があります。そのまま放置してしまうと、そこから菌が繁殖して口内環境に悪影響を及ぼします。
  • 違和感や痛みがある
    部分入れ歯は取り外しができるもので固定されていません。そのためブリッジやインプラントに比べると、違物感があります。 また、部分入れ歯は装着してから微調整を行う必要がり、慣れてくるまでは痛みを感じることもあります。

当院の部分入れ歯

  • フィット感が高く自然な質感の見た目
    日本補綴歯科学会の専門医であり、義歯(入れ歯)を得意分野とする院長が、「噛める入れ歯」にこだわった専門性の高い治療をご提供します。

    1つ目は義歯床(歯茎に直接触れる樹脂製や金属製の部分)をいかに正確にフィットさせるかが重要です。義歯床の製作は、型取りをしたのちに石膏模型の上で行うのですが、どんな材料を用いても必ず歪みが発生します。この歪みをいかに小さく抑えられるかが、フィット感のある義歯を作る時に重要です。ここは歯科医師による型取りの技量が成否を大きく左右するとともに、歯科技工士の技術の差が出るところです。

    2つ目は、歯(人工歯)です。保険適応の人工歯としてよく使用されるのはレジン歯や硬質レジン歯と呼ばれる材料ですが、これらは比較的短期間で摩耗し、すり減ってしまいます。より硬度の高い超硬質レジン歯(保険適応外)は見た目がより自然な歯の質感に近く、長期間使用しても摩耗しにくい材質です。

    3つ目は維持装置(義歯を支え固定する金属製の留め具)です。義歯を歯に固定する金具で、総入れ歯以外の部分入れ歯にはほとんど使用されています。この金具の種類や位置によっては金属が露出し、見た目が良くないこともあります。保険適応の金具は種類が限定されていますが、保険適応外の場合には、より選択の幅が広がります。また、他人から見えやすい部分に金具を使わない義歯(ノンクラスプ義歯:保険適応外)もあります。

    さらに、外れやすいとお悩みの方には、インプラントを固定源に使用して入れ歯を外れにくくするインプラント義歯をご提案することもできます。