お手入れの方法

お手入れの方法
Care

日頃のお手入れが大切です

日頃のお手入れが大切です
補綴装置(入れ歯・ブリッジ・インプラント)は種類により寿命が異なり、良い状態で長く使うには日頃の手入れが重要になります。また装置の種類によって、手入れの仕方は違います。まずは自分に合った治療法を選び、良い状態を長持ちさせるために、正しい方法で手入れを行いましょう。

セルフでできるお手入れ・ケア

  • ブリッジ

    ブリッジは、歯肉との間に食べかすや細菌の固まりであるプラークが溜まりやすく、放っておくと歯周病の原因になります。丁寧に歯磨きをするのはもちろんですが、それにプラスして歯間ブラシやデンタルフロスで隙間の汚れをきれいに取り除きましょう。
    爪楊枝でも食べかすは除去できますが、歯間ブラシやデンタルフロスに比べて太いので、隙間が広がってしまうことがあります。できる限り歯間ブラシやデンタルフロスを使用しましょう。
    ブリッジ
  • インプラント

    インプラント自体は虫歯になることはありませんが、歯周病(インプラント周囲炎)になる可能性があります。このインプラント周囲炎が起こると、歯周病に比べても非常に厄介です。
    人工歯は通常の歯磨きと同じように磨き、歯肉との境目は歯ブラシを細かく動かして、食べかすやプラークを掻き出すように磨きましょう。
    歯と歯の間は、ブリッジと同様に歯間ブラシやデンタルフロスを用いてケアします。
    インプラント

歯科医院でするプロのお手入れ・ケア

  • 総入れ歯・部分入れ歯
    毎日の自宅でのケアにプラスして、歯科医院では入れ歯の破損や変形・噛み合わせの不調がないかなどを調べます。合わない入れ歯を使用していると違和感や痛みが出てしまうので、定期的に歯科医院でチェックしましょう。
    入れ歯を装着するには口内環境が整っていることが大切です。歯周病や虫歯の懸念がないか、定期検診できちんと診てもらいましょう。
  • ブリッジ
    ブリッジの手入れで重要なのは、毎日の歯磨きです。
    ブリッジは、通常の歯ブラシでは細部まで掃除するのは難しく、普段どおり磨くと磨き残しがでてしまいます。 自宅できちんと手入れができるよう、歯科医院では歯の磨き方はもちろん、歯間ブラシやデンタルフロスの使用方法も指導しています。
    また、ブリッジと歯肉の隙間には歯垢が溜まりやすく、放置すると歯周病になります。歯科医院で定期検診を受けて、除去しましょう。
  • インプラント
    インプラントは定期的なメンテナンスが特に大切です。インプラントが破損していないか、ゆるみやぐらつきはないか、噛み合わせは問題ないかなど、自分では発見がしづらい不調を歯科医院でチェックします。
    また、インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病になる可能性はあります。インプラントと歯肉の隙間(歯周ポケット)に溜まった歯垢を放っておくと歯周病(インプラント周囲炎)になってしまうので、歯科医院で定期検診を受け、歯垢や歯石を取り除きましょう。