当院の特徴とこだわり

当院の特徴とこだわり
Clinic feature

患者様との信頼関係を築くために

入れ歯や義歯治療を受けた方のよくあるお悩みとして「噛みにくくて困っている」「ぐらつく」
「外れやすい」 などというものを見かけることがあります。
これは治療を行った医師のスキルだけではなく、コミュニケーション面も
大きく関係しているというのが当院の考えです。

当院ではすべての患者様にご満足いただく治療を行うために、「患者様とのコミュニケーション」を大切にしています。
よい信頼関係を築くことで、これまでの経緯だけでなく噛み合わせの違和感や使用感などを
お話していただきやすくなり、それが満足度の高い治療結果に繋がると考えているからです。

常に 「患者様と信頼関係を築くためにはどうすればいいのか」を意識して、
特に初診時や治療時のカウンセリングを大切にしております。
ご希望やお悩みなどはなんでもお気軽にご相談ください。

このようなことをおうかがいします

  • 今までの歯科治療で感じた「嫌だったこと」
    「明確な同意をする前に治療プランが決められた」「治療の結果に満足できなかったのに言えなかった」「治療に痛みがあった」など…
  • 入れ歯・義歯治療における「こんな生活をしたい」という将来的な目標
    「食事を楽しみたい」「硬いものを噛めるようになりたい」「思いっきり笑いたい」など…
  • 今までの治療に「満足できなかった」点
    「舌が動かしにくい」「入れ歯が外れやすい」「しゃべりにくい」など…
このようなことをお聞きすることで、これまでの歯科治療に対する経緯や背景を把握することができ、より患者様にマッチした治療内容を提案することができます。最適な治療方法を一緒に考えていくために、できる限り詳しくお聞かせください。

おがわ歯科医院の特徴

  • 患者様の不安や希望に寄り添う診療
    丁寧なカウンセリング、保険と自費との違いや、各治療のメリット・デメリットなどのわかりやすいご説明、綿密な治療計画の立案などにより、患者様の「不安」と「希望」に寄り添いながら診療を進めていきます。
  • バリアフリーに特化した設備
    入れ歯・義歯を必要としている年代の患者様のために、車椅子でも通院しやすい内装です。また、診療台の隣にベビーカースペースもあるので、小さなお子さま連れの方もご安心の上お越しいただけます。
  • 英語対応が可能です(English communication is available)
    さまざまな方へに歯科医療をご提供できるよう、おがわ歯科医院では英語での診療に対応可能です。日本語に自信がない英語圏の方も、お気軽にご来院ください。

    Guidance(えいごでの ごあんない)
    英語対応が可能です

治療のこだわり

  • 治療で大切にしていること
    歯科医院へお越しになる患者様の多くは、痛みを訴えて来られます。そうした患者様にもうこれ以上、痛みを与えないためにも、おがわ歯科医院(中山手通にある歯科医院)では「可能限り痛みを抑えた治療」を大切にしています。また、緊張状態にあると痛みを感じやすいので、できるだけリラックスして治療が受けられる雰囲気作りを心がけています。

    私たち歯科医師は、ついつい患者様の「緊張するお気持ち」を忘れがちです。歯科医院に入る時、診療チェアに座る時、そしてお口を開ける時に感じる患者様の緊張が共感できるように、自分たちも他の歯科医院で治療を受ける機会を積極的に設けています。

    そして、一度治療を受けられた患者様ができるだけ再治療にならないように、丁寧で質の高い治療を行います。痛みや不快などに配慮して、患者様がご希望になるお口の状態を一緒に目指していきます。
  • 歯を失うことを防ぐ・失った歯を取り戻す治療
    歯は、食べ物を咀嚼するために重要な役割を果たしています。また、発音や嚥下、見た目にも影響しますので、人間の社会性を左右する大切な器官です。もし歯を失うと、上記のような機能が制限あるいは喪失してしまうため、生活の質が急激に低下してしまいます。。
  • 義歯のある生活を楽しめるように
    義歯のある生活
    「入れ歯」というと、どのようなイメージをもたれるでしょうか。「よく噛める」というようりも、むしろ「外れる、噛みにくい、入れ歯であることを人に知られたくない」など、ネガティブな印象をお持ちの方が多いのではないかと思います。毎日、毎食使用するのもですから、できれば少しでも快適に、痛くなくよく噛める入れ歯だといいですが、残念ながら入れ歯でお困り、お悩みを抱えていらっしゃる方がたくさんいらっしゃるのです。
  • 快適に過ごしていただくために
    同じ入れ歯でも、作り手やその作り方によって使用感や快適性は大きく異なります。なぜなら、ほんのわずかなフィットの違いで痛みが出たり、わずかな調整でその痛みがなくなったりするのです。快適に入れ歯を使うためには、完成後の定期検診を受け続けることも大切です。