インプラント治療をお考えの方へ

インプラント治療をお考えの方へ
Implant treatment

  • ホーム
  • インプラント治療をお考えの方へ

インプラント治療とは

インプラント治療とは
インプラントとは、顎(あご)の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療です。

部分入れ歯やブリッジと同じく、歯を数本失った際に効果的な治療ですが、部分入れ歯やブリッジと一番違うところは、歯根があるということ。残っている歯を支えに使う部分入れ歯やブリッジと違い、インプラントは歯根で支えることができるため、ほかの歯に負担をかけません。また、本当の歯に近い構造のため、自分の歯と遜色なく噛むことができます。

こんな人にオススメです

  • 歯を数本失ってしまった
  • 自分の歯と同じように噛みたい
  • 本来の歯と見た目が変わらないものがいい
  • 手入れが楽なものがいい
  • 歯根がなくて差し歯ができない

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 自分の歯と差異が少ない
    本物の歯に近い構造なので、自分の歯と同じように食事をすることができます。顎の骨に歯根を埋め込むことで、しっかりと固定され、硬いものでも噛むことができます。
  • 審美性に優れている
    見た目は自分の歯とほぼ変わりません。言われなければ治療をしたと分からないくらいに自然な仕上がりなので、審美性にとても優れています。
    経年による変色もないので、いつまでも美しい見た目を保つことができます。
  • 取り外して手入れをする必要がない
    固定されているので、入れ歯のように取り外してメンテナンスをする必要はありません。ただし、歯磨きをするときには、インプラントの周囲を意識して丁寧に磨いておかないと、インプラントの周囲の骨が吸収してしまいます。 インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病(インプラント周囲炎)にはなる可能性があるので、歯磨きは丁寧に行いましょう。
  • 違和感が少ない
    顎の骨から固定されているため、違和感はほとんどありませんので、治療後はストレスなく過ごすことができます。

デメリット

  • 費用が高い
    インプラント治療は保険適用外なので、全てが自己負担となります。歯科医院により費用は異なりますが、部分入れ歯やブリッジと比べて、かなり高額になります。
  • 手術が必要
    インプラント体は手術で顎の骨に埋め込みます。そのため、持病をお持ちの患者様は、場合によっては治療を受けられないこともあります。手術は基本2回に分けて行います。 1回目で埋め込んだインプラント体が顎の骨と定着してからでないと2回目の手術ができないので、入れ歯やブリッジより治療期間は長くなります。