総入れ歯の製作をお考えの方へ

入れ歯の治療をお考えの方へ
Complete dentures

  • ホーム
  • 入れ歯の製作をお考えの方へ

入れ歯とは

総入れ歯と
入れ歯は、歯を失ってしまった方のための治療法です。歯を数本失った場合は部分入れ歯やブリッジ、インプラントで補うこともできますが、多数の歯を失ってしまった場合、入れ歯が最も現実的な選択肢と言えます。 入れ歯は樹脂でできた人工の歯と、樹脂や金属で作られた床(しょう)という人工の粘膜部分、そして固定用の金具で構成されており、これを装着することで噛んだり話したりする機能を回復するために使用します。 

 入れ歯をすでにお使いの方は、歯の治療経験も多く、よくご存知だと思いますが、どこの歯科医院に行っても入れ歯を作ってもらうことはできます。しかも、どこの歯科医院でも保険適応の入れ歯を指定する限り、必要な費用も同じです。なぜなら、治療費は国が一律に決めているからです。しかし、実際には歯科医師ごとに得意・不得意があるため、入れ歯の治療技術には大きな差があります。不思議なことだと思われませんか。

かつてないほど国の財政が逼迫するなか、厚生労働省の関心はもはやお金のかかる「医療」ではなく、「予防」や「少子化対策」に向けられています。医療はむしろ削減の対象と変わりつつあり、当面この趨勢が変わることはないでしょう。国の在り方として、この方針がおかしいとは思いませんが、現実に治療を必要としている方にとっては受難の時代かもしれません。患者にとっても、そして歯科医師にとってもです。私たちは時代に対応し、変化することを求められています。

入れ歯治療を受ける前に、入れ歯のことをよくご理解ください

  • 歯を失ってしまった場合の治療法のひとつです
  • 「入れ歯を作れば食べられる」のではありません
  • 入れ歯は歯の代替となる「道具」です
  • 作った後の微調整、アフターケアが大切です

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 歯がなくても装着できる
    総入れ歯は、歯を失ってしまった人にとって画期的な義歯です。部分入れ歯やブリッジのように、残っている歯を支えにする必要がないので、1本も歯が残っていなくても食事や会話が楽しめます。
  • 費用が比較的安価
    全ての歯を失ってしまった場合、代わりとなるのは総入れ歯かインプラントです。部分入れ歯やブリッジは隣の歯を支えにするので、自分の歯が残っていないと装着ができません。全ての歯をインプラントにしようとした場合、保険適用外なので莫大な費用がかかります(高級外車が新車で買えるくらいの額になるでしょう)。その点、総入れ歯は保険適用外のものであっても、インプラントと比べてかなり費用を抑えることができます。
  • 簡単に取り外しができる
    自由に取り外しができるので、不備があるときに修理や調整がしやすいです。手入れは必要ですが、磨いたり洗浄液に浸けたりと外して手入れができるので、常に清潔に保てます。インプラントのように、不具合が出たときには大手術が必要などということはありません。

デメリット

  • 硬いものを噛みにくい
    顎(あご)に固定されているわけではなく、噛む力は顎の骨から歯ぐき(粘膜)を介して伝わるため少し弱めです。そのため、硬いもの(例えばタコ、イカなど)を食べるのは難しいです。しかし、それは当然のことです。義手や義足ならいかがでしょうか?以前とまったく同じように生活できますか?歯も大切な体の一部です。歯を失うということは、そういうことです。
  • 使いこなせるまでは違和感・痛みがある
    入れ歯は、製作直後にはピッタリ合わないことがほとんどです。口内の型を取り、それを元に製作した上で、実際に装着してから微調整を行うので、調整が完了するまでは違和感があったり、痛みを感じたりします。しかし、使用しながら微調整をすることにより、改善することが可能で、これがもっとも大切だと考えます。
  • 味覚や温度に鈍くなる
    上下の顎の粘膜や、歯ぐきが覆われてしまうので、味や温度が伝わりにくくなってしまいます。保険適用外ですが、金属床の入れ歯は樹脂のものより薄いので違和感が少なく、食べ物の食感や温度を感じやすくなります。
  • 変形の可能性がある
    保険適応の多くの総入れ歯は樹脂(プラスチック)製です。そのため、樹脂の部分が乾燥してしまうと、変形してしまい、口内に合わなくて違和感や痛みの原因になります。 就寝時に入れ歯を外す際は、水に浸けた状態で保管することで変形を防ぐことができます。

当院の入れ歯

  • 本物の治療を受けたいと思いませんか?
    日本補綴歯科学会の専門医であり、義歯(入れ歯)を得意分野とする院長が、「噛める入れ歯」にこだわった専門性の高い治療をご提供します。
    1つ目は義歯床(歯茎に直接触れる樹脂製や金属製の部分)をいかに正確にフィットさせるかが重要です。義歯床の製作は、型取りをしたのちに石膏模型の上で行うのですが、どんな材料を用いても必ず歪みが発生します。この歪みをいかに小さく抑えられるかが、フィット感のある義歯を作る時に重要です。ここは歯科医師による型取りの技量が成否を大きく左右するとともに、歯科技工士の技術の差が現れるところです。このように、入れ歯を含め、歯の治療はすべてオーダーメイドであり、手間と時間をかけて作られています。

    2つ目は、歯(人工歯)です。保険適応の人工歯としてよく使用されるのはレジン歯や硬質レジン歯と呼ばれる材料ですが、これらは比較的短期間で摩耗し、すり減ってしまいます。より硬度の高い超硬質レジン歯(保険適応外)は見た目がより自然な歯の質感に近く、長期間使用しても摩耗しにくい材質です。

    3つ目は維持装置(義歯を支え固定する金属製の留め具)です。義歯を歯に固定する金具で、総入れ歯以外の部分入れ歯にはほとんど使用されています。この金具の種類や位置によっては金属が露出し、見た目が良くないこともあります。保険適応の金具は種類が限定されていますが、保険適応外の場合には、選択の幅が広がります。

    保険適応外の治療というと、高い治療を無理に勧められていると誤解を受けることがあります。もちろん、保険の治療に比べると費用は高額です。しかし、あらかじめ費用や手順が定められた方法で、オーダーメイドの治療がはたしてできるでしょうか?治療は決して工業製品ではありません。治療を行うのも人間です。専門職に対する評価の低い風潮が強いこの国で決められた制度の中で、私たち専門職が100%の力を発揮することは非常に困難です。常に葛藤しながら治療にあたっています。